Loading...

アクアポニックス導入までの流れ

アクアポニックスの導入をトータルサポート


Qeshethは個人やコミュニティをはじめ、新規就農者、法人、社会福祉施設等にアクアポニックスの導入支援をしています。家庭菜園や農業、植物工場、セラピー、店舗のインテリアなどクライアントの目的に合わせた提案をしています。

導入までの流れ


共創

1. 共創


Qeshethはプロジェクトはクライアントとの共創から始めます。 アクアポニックスの導入の形は一つではなく、クライアントの目的や環境によって、規模や栽培システムが異なります。 アクアポニックスは単に食料を生産する手段ではなく、環境保全型農業をはじめ、家庭菜園、鑑賞目的のインテリア、食教育、園芸・アニマルセラピーなど、使い方によって無限の可能性を持っています。 私たちは、アクアポニックスを導入する目的をクライアントと共に考え、予想される課題を抽出し、持続可能な設備の導入計画を立てていきます。

設計・建築

2. 設計・建設


共創を完了するとQeshethはアクアポニックスの設計を開始し、パートナーと一緒にアクアポニックスの建設を始めます。使用する資機材はQesheth独自のものだけでなく、プロジェクトの目的、予算、耐久性等を総合的に判断し選定していきます。 栽培システムが完成し、魚を水槽に入れ、植物の種を蒔くとアクアポニックスの運用が始まります。
※クライアントと共に建設することも可能な場合があります。建設に参加したいなど要望がありましたら、お伝えください。

運用トレーニング

3. 運用トレーニング


アクアポニックスの理論がわかっていても、実際に運用するとさまざまな疑問が出てきます。Qeshethではアクアポニックスを運用する担当者を選任してもらい、プロフェッショナルが担当者に直接指導をします。この期間は1日~数か月、導入する設備や予算によって異なります。

運用支援

4. 運用支援


トレーニングが終了すると、Qeshethは裏方としてのサポートに回ります。クライアントに合わせて、6次産業化などの販売支援や資材の提供、Webサイト制作、設備のメンテナンス、アドバイスなどアクアポニックスの運用に留まらないを支援します。

まずはお気軽にご相談ください


QESHETH

食を通じて、持続可能なライフスタイルを実装する

Email : info@qesheth.life